不倫パートナーの「優しい音楽」

瀬尾まいこ著「優しい音楽」読了。

瀬尾まいこ、「幸福な食卓」に続いて2冊目です。
前作が少女目線だったのに対し、今回は成人女性(男性も?)目線。
短編というより中編的な長さの3本収録です。

この人は会話で進めていくところが上手です。
ついペースをもってかれる、という感じです。
平易過ぎるという意見もあるかもしれませんが、
きっとわざと平易な言葉で表現しているような気がします。

ありえない設定であるにもかかわらず、
常識とはかけ離れたところでなんだか受け入れられてしまうのは
その文体から来る雰囲気と素直さです。
素直がこんなにしたたかに強いとは。

なぜか2本目の「タイムラグ」を読んで
しばらく心が引きずられました。
ほのぼのしてるんだか切ないんだかよくわからない、
整理のつかない感情に支配されてしまった。

不倫パートナーに娘を預けて妻と結婚記念の旅行に行く男。
断り切れずに子供を預かってしまう女。
普通ならシュラバですよ。シュラバ。
何なの、これは?魔法掛けられたみたいな読後感です。
興味のある方、ぜひ浸ってみて下さい。瀬尾ワールド。

いい天気だな?
どっか行きたい。
マスクつけてでも(笑)
2週間分くらいの食料備蓄推奨されて
一体これからどうなるの?って感じですね。トホホ…






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0